調査地の地盤構成並びに土質性状を知り、建築構造物の設計・施工計画の基礎資料を得るために行います。
ボーリング調査

 ロータリー式ボーリング

貫入試験

 標準貫入試験

孔内水平載荷試験

 孔内水平載荷試験

 
 
建物の直接基礎に対する支持基盤の地耐力の確認とともに、地盤の許容地耐力を明らかにするために行います。
また、道路、空港滑走路、鉄道路盤の設計の基礎資料として、道路の平板載荷試験を行い、路床及び路盤の地盤反力係数を求めます。
平板載荷試験
平板載荷試験 掘削状況

 掘削状況

平板載荷試験 装置

 試験装置

平板載荷試験 全景

 試験全景

平板載荷試験 アンカー方式反力載荷試験

 アンカー方式反力載荷試験

 
平板載荷試験 H鋼反力試験装置試験装置(反力H鋼) 道路の平板載荷試験 道路の平板載荷試験
ページトップへ
 
 
軟弱地盤や盛土地盤などの比較的軟弱な地層を対象に、原位置における土の貫入抵抗を測定し、その硬軟または締り具合、あるいは土層の構成を判定するために行います。当社では現場に応じて手動、反手動、全自動の試験機を用います。
手動手動 半自動半自動 全自動全自動 G-webG-web
第三者認証地盤調査 GPS地盤調査システム
ページトップへ
 
 
路床土調査 CBR試験
計画道路範囲内にて試験対象土(路床土)を採取します。
採取した土は室内CBR試験を行い道路舗装設計に必要な路床土に関する土の設計CBRを得ます。
路床土調査 土研式円錐貫入試験

 土研式円錐貫入試験

路床土調査 ハンドオーガーボーリング

 ハンドオーガーボーリング

路床土調査 現状土試料採取

 現状土試料採取

路床土調査 変状土試料採取

 変状土試料採取

 
室内CBR試験室
 
我が国においては、アスファルト舗装の構造設計にCBRを採用していることから、このCBR試験が広く利用されています。
また、舗装設計や舗装材料の選定にあたって欠くことのできない路床土の設計CBRや修正CBRはこのCBR試験方法を用いたり準用した試験の結果から得られます。 路床土調査や舗装構造調査で採取した試料を試験します。
CBR試験 供試体作製現状土供試体作製 現状土(室内CBR試験)
「乱さない土のCBR試験」 試験面をナイフ等できれいに成形し、モールド内の試料が12.5cmになるように試料押し出し器で押し出します。                         
CBR試験 供試体作製変状土供試体作製 変状土(室内CBR試験)
「締固めた土のCBR試験」 試料を3層に分けて突固めます。回数は試験の目的に応じて変更します。設計CBR試験の突固め回数は、通常各層67回です。修正CBR試験の突固め回数は、各層17回、42回及び92回の3種類です。
試料は37.5mmふるいでふるい分けたものを試料とします。試料の必要量は1供試体あたり約5kgです。
CBR試験 水浸試験水侵試験(室内CBR試験)
「吸水膨張試験」 路床や路盤が供用期間中に受ける含水比の変化を考慮して、貫入試験を行う前には供試体を水浸させ、吸水量と膨張量とを測定します。
供試体の上面に5kg有孔板を載せ96時間水浸します。
CBR試験 貫入試験貫入試験(室内CBR試験)
「貫入試験」 モールドに入った供試体の上に、1.25kgの荷重板を4個載せます。貫入ピストンの端面と供試体の表面とのなじみをよくするために、あらかじめ0.05kN以下の荷重をかけ、これを試験のゼロ荷重とし、1分間に1mmのスピードで貫入します。
また、現場において行う現場CBR試験でも同様の方法で貫入試験を行います。
CBR試験 含水試験含水比試験(室内CBR試験)
「含水比試験」 土の基本的物理量の計算や土質試験結果の整理、土の力学的性質の推定、解釈などに利用されておりCBR試験でも乾燥密度などの計算に利用されています。
ページトップへ
 
舗装構造調査 舗装現況調査 CBR試験
 
舗装構造調査とは供用後の道路においてボーリングマシンで掘削し、調査地点の舗装構成「アスファルト」・「路盤」の材料と厚さ及び路面の破損状況を調べ、路床土を採取します。採取した土は室内CBR試験を行い設計CBRを求めます。現状舗装構造と設計CBRにより舗装補修計画及び実施設計の基礎資料とします。
また、舗装構造調査を行う際は所轄警察署や埋設企業者との協議や調整を十分に行い安全に心がけています。
舗装構造調査 カッター

 コアカッター工

舗装構造調査 コア

 コア長

舗装構造調査 掘進

 掘進状況

舗装構造調査 現状土試料採取

 現状土試料採取

 
舗装構造調査の手順は、コアカッターでアスファルトをくり抜き舗装厚や舗装の種類を調べます。その後ボーリングマシンで路盤を掘削し路盤の材料、厚さを調べます。 
路床まで掘削したら、専用の採取用具で乱さない土(現状土)の試料採取を行います。土質によって乱さない土の試料採取が困難な時は、乱した土(変状土)の試料採取となります。 採取した試料で室内CBR試験を行い設計CBRを算出します。
ページトップへ
 
 
調査目的に応じた各種原位置試験を行い、土質性状または強度特性、変形特性等を得るために行います。
現場密度試験砂置換法

 現場密度試験

コーンペネトロメーター

コーンペネトロメーター試験

現場CBR

 現場CBR試験

浸透試験

 浸透試験

ホームへ

このページのトップヘ