土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の情報開示
表層調査
 
対象地に10m間隔の単位区画を設け、区画ごとに土壌ガス試料を採取します。
ガスクロマトグラフ法による現場分析を行い、気体に含まれる第一種特定有害物質の量を測定します。
土壌調査 ドリル

 ハンマードリル

土壌調査 ボーリングバー

 ボーリングバー

土壌調査 ガス採取

 ガス採取状況

 
表層土壌調査
 
単位区画ごとに地表面から50cmまでの試料を採取します。試料は被覆下より0〜5cm、5〜50cmの2試料を均等に混合した物を分析し、重金属等の第二種特定有害物質の量を測定します。
試料採取状況 採取試料
 
 
 
オールコアボーリング
 
概況調査により汚染物質が確認された地点において、深度方向の汚染物質の有無を確認するため、各種エコマシン(ボーリングマシン)により1m毎の試料を採取し所定の深度まで掘削します。各深度にて汚染物質の量を測定します。
なお、当社では下記のエコマシンを使用しています。
 
■エコプローブ
低速回転と高周波バイブロの組み合わせで、打撃式に比べ格段に静かで、回転式に比べ圧倒的に早いサンプリングが可能です。
コアの発熱を抑え、高品質なコア採取ができます。最大掘削深度は20m程度です。
土壌調査 エコプロ1

 作業状況

土壌調査 エコプロ2 width=

 作業状況

土壌調査 エコプロ3 width=

 作業状況

 
■ECO-1V
エコプローブと同様にバイブロ機構により低騒音です。また、ミニパワーショベルをベースマシンにしているため、移動が容易で屋内外問わず作業が可能です。最大掘削深度は10m程度です。
土壌調査 エコワン1

 作業状況

土壌調査 エコワン2

 作業状況

 
■SCSC
油圧式ブレーカーの打撃により、上記機械及び通常のボーリングマシンが入れないような狭いスペースにおいてもサンプリングが可能です。土質にもよりますが、5m程度までの掘削ができます。
土壌調査 scsc1

 カッター作業状況

土壌調査 scsc2

 室内作業状況

土壌調査 scsc3

 作業状況

 
観測井戸設置(VP50〜100程度)
 
ボーリングマシンにより掘削し、塩ビ管の井戸を設置します。有孔管と無孔管の組み合わせにより、対象深度の地下水サンプリングや長期的の地下水のサンプリング及び観測が可能です。なお、設置する井戸は直径50〜100mm程度です。
観測井戸設置状況VP100 観測井戸設置状況VP50
ホームへ

このページのトップヘ